ディーラーで売る方法

信頼できる担当者に適切な売却時期について相談しよう

中古車をディーラーで売却する場合には、馴染みの担当者に手続きをしてもらえることや、様々な書類の記載に掛かる時間を省けるといったメリットがあります。そこで、ディーラーで愛車の売却を検討するにあたっては、早い段階から信頼できる担当者と相談をして、適切な売却のタイミングを判断するのがおすすめです。最近では、中古車の売却を希望するオーナーのために、専用の問い合わせ窓口を設置しているディーラーもあるため、少しでも悩みがあればためらわずに相談をしてみましょう。なお、燃費やデザインが良く売れ筋が良い車種については、年式が少し古いものでも査定額が高額になりやすい傾向があり、気が向いたときにディーラーに査定を依頼すると良いでしょう。

新車の買い替えと同時に売却をすると査定額アップを期待できる

新車の買い替えのタイミングでディーラーに愛車を売却する場合には、下取りの対応となり通常よりも査定額アップを期待することができます。具体的な下取り額については、ディーラーの在庫やそれぞれの車種の人気度などに大きく左右されるため、時間が許す限りこまめにディーラーの店頭を訪れて担当者とコミュニケーションをとるのがおすすめです。また、査定額アップの対象となりやすい車種については、素人にとって分かりにくいこともあるため、日ごろから自動車メーカーのカタログに目を通したり、実際に愛車を売却した人の口コミをチェックしたりすると良いでしょう。その他、必要に応じてディーラーに査定を依頼する前にボディの傷の修復やパーツ交換などを検討するのもおすすめです。

車を所有する場合のように新車登録料や税金、保険料がかからずまとまった出費がありません。月々定額制のカーリースを選択する人が増えています。